台湾・池上|超おすすめの観光スポット「池上飯包文化故事館」とは?

駅弁の代名詞「池上弁当」・台湾屈指の米どころとして有名な町「台湾・池上」で絶対に行って欲しい超おすすめの観光スポット「池上飯包文化故事館」の魅力を徹底的に解説します!

池上飯包文化故事館は、池上の名物グルメ「池上弁当」の人気店なだけではなく、

駅弁・池上博物館や規模の大きな土産物店が併設されている、台湾・池上の有名な観光スポットです。

池上の駅弁の博物館「池上飯包文化故事館」とは?

悟饕池上飯包が経営する、

  1. ボリュームのある正宗池上弁当が売られている弁当屋
  2. 池上のお土産を購入できる土産物店
  3. 池上弁当の歴史や昔の農業の様子を知る事ができる博物館

3つが融合した施設で、

台湾・池上に行ったら絶対に行って欲しいおすすめの観光スポットです。

 

日本人の間ではまだまだ知名度の低い池上の観光スポットですが、

台湾人や中国人の間では人気の有名観光スポットで、

個人旅行客だけではなく大型バスを使ったパッケージツアー客も訪れる場所です。

補足:少なくとも3つの呼び名がある

池上飯包文化故事館は日本名では「池上弁当文化物語館」と呼ばれており、

台湾での正式名称は「悟饕池上飯包文化故事館」と少なくとも3つの呼び方があります。

呼び方は違いますが、池上弁当の博物館と覚えておくと簡単です。

池上でおすすめの観光スポット・池上飯包文化故事館の魅力

池上飯包文化故事館は、単なる駅弁店ではなく、池上の農業・自然・歴史全てを一度に学ぶ事ができる観光スポットで、

見る・買う・食べるという観光に欠かせない要素が揃っています。

駅弁店|悟饕池上飯包で売られている弁当の種類とメニュー

池上飯包文化故事館・悟饕池上飯包には池上弁当の他にも数種類の駅弁が販売されており、好みに応じて選ぶ事ができます。

悟饕池上飯包のメニューは、

  • 伝統的な池上弁当
  • 魚がメイン
  • 鶏肉がメイン
  • 豚肉がメイン

という感じです。

値段は、75TWD~95TWDで、300円~400円で食べられる物がほとんどです。

悟饕池上飯包の正宗池上弁当はこんな内容

正宗池上弁当のパッケージは汽車と昔の池上弁当が印刷された博物館らしいデザインです。

持つと結構ズッシリとしていて、買った瞬間から「食べ応えがありそうだ!」と感じました。

豚肉・揚げ物・ソーセージに卵・・・

漬物程度に野菜が入っている男性向きのメニューです。

味は一般的な台湾駅弁に比べると美味しくありません。

台湾人は日本人と味覚が違うのか?こんな感じの「池上弁当」が有名で何故か人気です。

台湾の有名駅弁「池上弁当」とは?特徴・具材・人気店を紹介

2018.05.02

レストラン|列車やレトロな統治時代・昭和インテリアで弁当を食べる

池上飯包文化故事館では、引退した列車そのものが座席として使用されており、

食堂車に乗った気分で駅弁を食べるスタイルが人気です。

列車のシート部分がそのまま座席として使われている場所もあり、

鉄道ファンにはたまりません!

その他にも、

日本統治時代の街並みを再現した昭和のレトロな雰囲気の中で食事をする事ができるテーブルもあります。

また、昭和初期~中期頃の昔の学校の教室を再現した座席もあり、

小学生時代に戻った気分でお弁当を楽しむ事ができます。

見て学ぶ博物館|昔ながらの農業や暮らしが展示された博物館

池上飯包文化故事館には、手作業で収穫作業や田植えを行っていた稲作農家の様子が展示されていて、

池上の歴史・70~100年程前の昔の人々の暮らし・農業について学ぶ事ができます。

畑での食事や休憩に使用した食器・道具類。

戦時中の日本を題材にしたドラマ「この世界の片隅に」でも、こんな道具を使った農作業中の休憩シーンがありました。

ここは台湾ですが、日本以上に日本の昔の暮らしを感じる事ができる素敵な観光スポットでした。

台湾の米農家の台所。

日本統治の影響が強いせいか、日本の戦争ドラマや映画の台所とあまり変わりません。

ドラマ「この世界の片隅に」を見ていて台湾・池上の米農家の台所を思い出しました。

竹の棒や縄で作られたゆりかご。

農家の赤ちゃんはこんあベビーベッドに寝ていました。

買い物に便利|池上の土産が豊富に揃った土産物店

池上飯包文化故事館は博物館や弁当屋だけではなく、

台湾ではブランド米として知名度の高い池上米や米の加工品などの池上の名物土産を購入する事ができる土産物店もあります。

池上飯包文化故事館の土産物店は、池上駅付近の施設の中では最も土産物の種類が充実していると言っても過言ではなく、

お土産の他にも子ども向けの玩具なども販売されています。

池上飯包文化故事館の施設情報・アクセス・地図・営業時間

悟饕池上飯包文化故事館

池上飯包文化故事館は台鉄池上駅から直線距離にして約300m・徒歩5分程度で到着します。

池上は小さな集落なので、よっぽどの事がない限り迷う事はありません。

営業時間:8時00分~21時00分

定休日:基本的には毎日営業(不定休)

電話番号:+886 8 986 2326

住所:958台東縣池上鄉忠孝路259號

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.