台湾鉄道・高雄駅|手荷物預かり・ロッカー事情|場所と値段

【高雄駅・手荷物預かりロッカー情報】台湾鉄道・高雄駅の手荷物預かりの値段・場所・サイズなど、高雄駅でスーツケースや荷物を預けるのに役立つ情報をまとめました。

ロッカーの場合はサイズが制限されていますが、手荷物預かりの場合はとてつもなく巨大な物でなければサイズの制限がなく、大型のスーツケースでも安価に預ける事ができます。

手荷物預かりの料金・サイズ|営業時間は朝7時~夜10時

手荷物預かりは1日30~70TWDで荷物を預ける事ができ、コインロッカーに比べるとリーズナブルな価格(1時間あたりに換算)で利用する事ができます。

料金は、

  1. 小型(縦+横+高さ)=100㎝以下:30TWD/1日
  2. 中型(縦+横+高さ)=100㎝~150cm:50TWD/1日
  3. 大型(縦+横+高さ)=150㎝以上:70TWD/1日

となっており、

日本の宅配便のようにサイズによって値段が異なります。(重さは関係ありません)

高雄駅の手荷物預かり所の営業時間は朝の7:00~夜22:00なので閉店時間に遅れないように注意して下さい。

高雄駅|手荷物預かりの場所

台湾鉄道・高雄駅の手荷物預かり場は、黄色とオレンジの矢印の先の部分を駅舎に沿って曲がった場所にあります。

手荷物預かりに行くにはまず駅の前面の出入り口から外に出て、右手に歩きます。

角の近くまで歩くと「行李房」と書かれた看板が見えるので、その看板に書かれた矢印に沿って歩いて下さい。

手荷物預かり場は駅の中ではなく、外にあるので少々見つけにくいかもしれませんが看板を見つければ簡単です。

少し歩くと、「高雄站行李房」と書かれた少し地味でレトロな看板が付いた手荷物預かり場がありあます。

手荷物預かり使用方法の簡易説明

スロープが付いている所から中に入って、有人受付でお金を払って荷物を預けて引換券を受け取り、帰りは引換券を渡して荷物と交換する仕組みなので、引換券を無くさないようにして下さい。

まとめ

いかがでしたか?

当記事では、「台湾・高雄駅の手荷物預かり・ロッカー事情・料金や場所」について解説しました。

有人の手荷物預かりは外国人の利用者も多く係員は外国人慣れしているので、言葉が通じなくても問題無く預ける事ができます。

また、有人の手荷物預かりはサイズ制限が緩くロッカーに比べると1時間あたりの値段も安いので、節約派の方にも向いているので積極的にご利用ください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.