台南名物「担仔麺」とは?値段・味・おすすめの有名店を紹介【度小月】

台南で食べたい名物グルメ「担仔麺(読み方|台湾語:ターアーミー・日本語:ターミ―)」とは何か?

担仔麺発祥・全国にチェーン展開する超有名店の「度小月」の担仔面を例に、お勧めのお店の店舗情報や日本のラーメンと担仔面との違いなどをご紹介します。

担仔麺(ターアーミー)とは?

【値段】度小月担仔面:50TWD(卵をトッピングした場合は+15TWD)

担仔麺とは、台南発祥の「肉そぼろ麺」で、日本で食べられる料理に例えると「南国風のラーメン」のような料理です。

超有名店「度小月」の担仔麺と日本のラーメンとの違いは、

  1. スープは日本のラーメンに比べると甘味が強い
  2. シッカリと茹でられた柔らか目の中太麺
  3. 量は1/2~1/3程度の少量で小腹が空いた時に丁度良い量
  4. 量が少ないので値段が安い(1杯約180円)
  5. 蓋つきで提供される

という事です。

参考:1TWD≒3.6円

【写真】木製の分厚い蓋がお椀に乗せられた状態でサーブされます。

台南・担仔麺には、

  • 脂が多めの肉そぼろ
  • パクチー
  • ニンニク
  • 小エビ

がトッピングされており、

好みで煮卵を追加する事ができます。

担仔麺の超有名店「度小月・担仔面(原始店本舖)」とは?

【写真】度小月には昔ながらの方法で担仔麺を調理する様子が再現された調理場があり写真のような調理の様子を誰でも簡単に見る事ができます。座って調理する事が特徴で、台南ならではの斬新な調理方法が面白い。

度小月(原始店本舖)とは、台南名物の担仔麺(ターアーミー)発祥のお店で、台湾で最も有名な度小月の本店です。

度小月担仔面(原始店本舖)は2階建てで、

  • 1階:担仔麺を作る様子を間近で見る事ができる調理スペース・客席・レジ
  • 2階:大人数で食事を楽しむ事ができる大きなテーブル

があります。

度小月担仔面・(原始店本舖)は大人気のお店なので、テーブルもカウンターも満席!

店内には度小月や担仔面の歴史を知る事ができる展示物やレトロな装飾があるので、店内を見ていると待ち時間がすぐに過ぎます。

※注意:台湾(特に台南)は日本に比べると時間の流れ方がゆっくりなためか?特に混んでいる時は簡単なメニューでも少し時間がかかるので時間に余裕を持って店舗を訪れる事をお勧めします。

店舗情報|地図・アクセス方法

【写真】店の前には棒で「担仔麺」の調理器具を担いで商売した行商の展示物が置かれています。

度小月担仔面・(原始店本舖)は、ハイセンスなお土産を購入する事ができるレトロな観光スポット「林百貨」から徒歩数分・台南駅からは徒歩14分の場所にあります。

  • 営業時間:11:00~21:30
  • 定休日:無休
  • 電話番号:886 6 223 1744
  • 住所:700台南市中西區中正路16號
台南度小月担仔面(原始店本舖)
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.