台湾鉄道・区間車(區間車)とは?車両紹介・列車説明【写真で解説】

台湾鉄道(在来線≒JR)の車両紹介!今回は日本の普通車・各駅停車に相当する「区間車(台湾表記:區間車)」についてご紹介します。

当記事では「區間車(区間車)とは何か?」「車両の設備やデザイン」「新式と旧式の違い」について解説を行いました。

鉄道ファンの方や台湾鉄道を利用される方は是非ご参考にされて下さい。

台湾鉄道・區間車(区間車)とは?

台湾鐵道の「區間車(区間車)」を簡単に説明すると、

  1. どの駅にも停車する
  2. 追加料金を支払う必要がない
  3. 一番遅い列車

という感じで、

「區間車≒各駅停車≒普通車」

という事になります。

新式・区間車(區間車)の車両設備

台湾鐵道・区間車には新幹線を短くしたような新式・レトロな旧式の2種類があります。

新式の区間車はバリアフリー対応・お子様連れにも配慮した造りになっており、誰でも快適に使えるバリアフリーな列車です。

テレビモニターなども設置されており、到着駅などの交通情報が分かりやすく表示されている事も特徴です。

車両のタイプは2種類

中華圏・台湾の普通車(各駅停車)では席の配置が「L字型」の列車が多く、2種類の座席から好きなタイプを選ぶ事ができます。

日本と同じような席の配置の車両もあります。

座席|座り心地の良い布製のソファー

台湾鐵道・區間車(区間車)の座席は、日本の電車と同じように布製のソファー。

シンガポールやアジアの国々ではプラスチック製の硬い椅子が多く、お尻が痛くなりますが台湾の列車の椅子はフカフカのソファーなので快適です。

トイレ|超頻尿でも大丈夫!各駅停車なのに豪華なトイレ付!

日本では新快速や特急列車にしかトイレはありませんが、台湾の場合は各駅停車の区間車にもトイレがあります!

トイレには、オムツ交換用のベッドや手すりも完備されており、お子様連れの方や障害をお持ちの方でも安心です。

日本の各駅停車の列車には「何故トイレが無いのか?」日本の鉄道の不親切さ・不便さを感じる設備でした。

旧式・区間車|主に地方路線を走るレトロな區間車

ローカル線や地方では旧式のレトロな車両の区間車が活躍しています。

基本的な設備の種類は新式の區間車と大きな差はありませんが、座席や車内の雰囲気がレトロでサイズも昔の人の体型に合わせた小さ目サイズです。

旧式のレトロな区間車の詳細情報・写真につきましては下記の特集記事をご覧ください。

列車紹介|台湾鉄道ローカル線「集集線」のレトロな車両紹介

2018.05.26

まとめ

いかがでしたか?

当記事では「台湾鐵道の區間車(区間車)とは何か?・車両の設備やデザイン・新式と旧式の違い」について解説しました。

区間車≒普通車なので、台湾鉄道を利用される際に参考にして下さい。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.