台湾駅弁|台湾高速鉄道(新幹線)限定弁当の内容・販売情報

おすすめの台湾駅弁|台湾高速鉄道(台湾新幹線・高鐵)限定の駅弁の内容と値段・販売情報をご紹介します。

台湾企業が販売している代表的な駅弁の中で最も栄養バランスが良いのが台湾高速鉄道の駅弁で、

野菜が豊富でカロリーを抑えた健康志向の方にお勧めできる内容でした。

台湾高速鉄道弁当の内容|バランスの取れた美味しいおかずが特徴

台湾高速鉄道(台湾新幹線)弁当は鶏肉弁当を頼んでも野菜のおかずもしっかりと入っている事で栄養バランスが考えられている事が特徴です。

台湾高速鉄道(台湾新幹線・高鐵駅弁の内容は、

  • 照り焼き風味で柔らかくてプリプリとした食感の鶏肉
  • 味の薄い野沢菜を刻んだもの
  • 台湾独自の香辛料・八角で味付けされた煮卵
  • 蒸したサツマイモ
  • 茹でた小松菜
  • 薄く塩系の味が付いたキャベツ
  • きんぴらごぼう
  • 彩りを添えるパプリカ

このように、

肉系と野菜系がバランスよく入っているので、

日本の食事や弁当のような感覚で食べる事ができ、味に変化を付けられるので飽きにくい駅弁です。

栄養成分|高たんぱくでヘルシーな台湾駅弁

ズッシリとした量の多い駅弁なのにも関わらず意外と低カロリーです。

  • 熱量:606kcal
  • タンパク質:28.3g
  • 脂質:13.3g
  • 炭水化物:93.2g

低カロリーな割にタンパク質が豊富に含まれており、

男女共に1日に必要なタンパク質の摂取量の半分以上を採る事ができます。

パッケージは日本の駅弁を意識した上品なデザイン

ツキノワグマ・鹿・桜などがデザインされた和風のパッケージが特徴で、

高級感がある落ち着いたデザイン。

台湾高速鉄道の駅弁の種類と値段

台北駅で売られている台湾高速鉄道の駅弁は

  1. ポーク
  2. チキン
  3. ベジタリアン

の3種類で値段は100TWD(約370円)と台湾の駅弁の中では少々高めですが、

総合的に考えると、味が良く・栄養バランスが整っていて・野菜も摂れるのでお得なのでおすすめの台湾鉄道の駅弁のひとつです。

購入方法・販売場所

台湾高速鉄道の駅弁は限定弁当なので、台湾高速鉄道(新幹線)の改札内で売られているので、

高速鉄道に乗車される方は問題無く買う事ができますが、改札を入らないと購入できないので高速鉄道を利用されない方は購入が難しくなります。

このような理由があって、台湾高速鉄道(台湾新幹線・高鐵の駅弁は一般的な駅弁に比べるとレアなので、

鉄道ファンの方(特におすすめ!)や高速鉄道(新幹線)を利用される方は機会があれば是非食べてみて下さい。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.