野柳地質公園(女王頭)への行き方|台北から直通バスでアクセスする方法

台北駅からバス1本(國光客運1815バス)で簡単に野柳地質公園に行く方法・ツアー情報をご紹介します。

野柳(日本読み方:ヤリュウ・台湾:イエリォン)は台北郊外・1時間半以内に行く事ができる絶景スポットで、多少の時間がかかっても見る価値大アリの観光スポットです。

柳地は「奇景」「小宇宙」を感じる事ができる必見の絶景スポットなので野柳地質公園(女王頭)を訪れる現地ツアーも多く、手軽に訪れる事ができます。

バスで台北から野柳に直接アクセスする方法|國光客運1815バス

【画像引用元】國光客運1815バス

台北駅から野柳地質公園(女王頭・クイーンヘッド)にアクセスするバスは、國光客運1815バス「金瓜石行き」バスです。

行き方を簡単に説明すると、

  1. 台北駅・東三門バスターミナルに行く
  2. 國光客運1815バス「金山行き」に乗る
  3. 野柳下車
  4. 値段・96元

といった具合です。

台北駅・東三門バスターミナルでチケットを購入します。

國光客運1815バスを探して乗車して、野柳(ヤリュウ)駅で降ります。

もし、駅が分からない場合は運転手に教えてもらうように頼めば(言葉分からなければ身振り手振りで)教えてくれます。

台北発・野柳行きバス停の地図

台灣台北市中正區台北車站(東三門)

【地図】臺北車站(東三門)バスターミナル

野柳バス停から野柳地質公園に行く方法|地図

「野柳(ヤリュウ)」で降りる人のほとんどは野柳地質公園に行くので、人の流れに沿って道沿いに歩きます。

道沿いには分かりやすい地図が置かれているので、その地図を見ながら道に沿って歩くと「野柳地質公園」に付きます。

野柳地質公園(女王頭)ツアー情報・観光の注意点

野柳地質公園(女王頭・クイーンヘッド)観光現地ツアーは、1200TWD~・半日からのものがあり、台湾北部の港町「基隆」や「十分」などをセットにした物も販売されています。

短時間で効率良く野柳(ヤリュウ)を観光されたい場合は、自力で行く(路線バスで他の場所に行くのに手間がかかるから)よりもツアーの方が断然お勧めです。

台湾は日本よりも遥かに気温が高くゴールデンウィークでも日本の真夏並みの気温で、高い気温の中で歩き回るのは体力を消耗します。

【写真】野柳地質公園は影が少なく南国の強い日差しを直接浴びます

特に、年配の方の場合は熱中症になりやすいので自力観光よりもツアーがお勧めです。

まとめ|野柳地質公園(女王頭)はツアー豊富&アクセス簡単

野柳地質公園は見る価値がとても高い台湾北部の観光スポットで、台北からの直通バスやツアーも豊富で簡単にアクセスする事ができます。

世界中探しても中々見つからない「奇景」「絶景」「ユニークな形の岩」を見たい方や台湾の自然について関心がある方には超お勧めなので、是非行ってみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.