台湾・淡水への行き方|台北から電車でアクセスする方法

台北市内からMRT(電車)で「淡水(読み方:ダンシュェイ)」・夕日の名所「漁人碼頭」にアクセスする方法・所用時間・料金について解説します。

淡水は電車1本・料金50TWD・所用時間約40分で簡単に行く事ができる台北郊外の若者に人気の観光スポットで、オランダ風の街並みが魅力です。

台北からMRTで淡水にアクセスする方法

台北中心部から淡水にアクセスする方法は超簡単で、MRT台北車站(R10)から淡水信義線・淡水行きに乗る事ができれば、

乗り換え不要・終点下車なので小学生でも行く事ができるくらいの難易度です。

  1. MRT台北車站・R10(台北駅)に行く
  2. MRT淡水信義線・淡水行きに乗る
  3. 終点・淡水駅(R28)で下車する
  4. 所用時間:40分・料金50TWD

乗り換え不要・終点下車なので本当に簡単です!

MRT路線図と淡水への乗り換え案内

【画像引用元】台北大衆捷運股份有限公司

赤ラインの淡水信義線・淡水行きの電車に乗り、終点「淡水」で下りるだけという簡単さです。

台北市内からは赤ラインの電車(淡水行き)に乗る事さえできれば良いのでシンプル。

MRT淡水駅~観光スポットへのアクセス

捷運淡水站

MRT淡水駅から老街・渡し船までの距離は600~800m以内となっており、中正東路に沿って歩いていくと淡水の風情を感じる事ができるでしょう。

恋人たちの夕日の名所「漁人碼頭」はバス又は渡し船でアクセス可能

漁人碼頭にバスでアクセスする場合、淡水駅前のバス停から紅26・836バスに乗り「漁人碼頭」で下車すると簡単にアクセスする事ができます。

淡水のバスは路線図・バス番号が分かりやすく表示されているので便利です。

渡し船でアクセスする場合

【写真】船には大きく「どこに行くのか?」が書かれているので遠くからも良く分かります。

ちょっとした冒険を楽しみたい方には「渡し船」でのアクセスがお勧めで、淡水老街付近から「漁人碼頭」行きの船で15分程度で行く事もできます。

渡し船乗り場地図

淡水渡船碼頭

淡水老街付近の海辺を歩いていれば簡単に見つかります。

まとめ|淡水は小学生でも行ける難易度

いかがでしたか?

淡水はアクセス方法がとてもシンプルで難易度も低いので海外旅行初心者でも簡単に行く事ができる台北郊外の観光スポットです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.