北投温泉への行き方|台北から電車でのアクセス方法

台北郊外の温泉街「新北投温泉(しんべいとうおんせん)」へ電車(MRT)で簡単に行く方法をご紹介します。

北投(台湾読み:べいとう・日本読み:ほくとう)温泉は台北車站(台北駅)から所用時間約30分・料金35TWDでアクセスする事ができる手軽な観光スポットで、

日本では高級旅館として有名な加賀屋の台湾店「加賀屋北投」がオープンした事でも有名になっており、手軽さと高級感から日本人にも人気がある温泉リゾートです。

台北車站(台北駅)からMRTで新北投温泉に行く方法

台北市内から新北投温泉にアクセスするのは台湾市内を観光するのと同じくらいに簡単な事で、

  1. MRT台北車站(台北駅)に行く
  2. MRT淡水信義線・淡水行きに乗る
  3. 北投駅(R22)で北投支線に乗り換える
  4. 新北投で下車する
  5. 所用時間:30分・料金35TWD

たったのこれだけで台北郊外の温泉街に行く事ができます。

新北投

新北投駅を降りてほんの少し歩くと、そこには少しモダンな温泉リゾートを感じる事のできる風景が広がっており、

少し違った台北を感じる事ができるでしょう。

MRT路線図|新北投温泉への乗換案内

【画像引用元】台北大衆捷運股份有限公司

赤色の線で表示された「淡水信義線」に乗り、

R22北投駅でピンク色のラインの「北投支線」に乗り換え、

R22Aの「新北投駅」で下車すると新北投温泉にアクセスする事ができます。

新北投行き・北投支線では温泉列車が運行!

北投支線・北投駅~新北投駅間では「温泉列車」が運行されており、一足先に温泉街の風情を楽しむ事ができます。

温泉列車には、北投温泉を知る事ができる壁の展示物・風呂桶をモチーフにした机型案内板が置かれており、

温泉について学びながら一味違った鉄道旅行を体験する事ができました。

MRT以外での北投温泉アクセス方法

あまり、お勧めはできませんがバスを使った北投温泉へのアクセス方法もあります。

この方法は、

  1. R22北投駅でMRTを下車
  2. 25路バス乗車
  3. 温泉街付近で下車

というものですが、

バスの駅名が複雑だったので下車する場所が分からず変な所で下りてしまい、時間も費用も余分にかかってしまったという経験があるので、

特に海外旅行初心者の方には絶対お勧めできません。

まとめ|北投温泉はアクセスしやすく高級感のある温泉地

いかがでしたか?

新北投温泉は台北中心部からMRTで簡単にアクセスする事ができる高級温泉で、

日本語のサポートを受ける事ができる高級旅館加賀屋北投では宿泊はもちろん日帰り入浴も楽しむ事ができます。

北投温泉はアクセスが簡単で日本語表示や日本語対応の施設も他の温泉地に比べると多いため、海外旅行初心者でも安心です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.