台湾・花蓮の名物グルメ5選|台湾東部の人気・伝統料理を厳選

台湾東部の都市「花蓮で食べたいおすすめの名物グルメ5選」をご紹介します。

花蓮はワンタンスープ・蔥油餅などの下町風の食べ物や、さつまいも菓子やちまきなどの山や原住民を感じるグルメ・日本統治時代の影響を感じる食べ物が名物とされており、

台北とは一味違った料理を楽しむ事ができます。

花蓮で食べたい!名物グルメ5選

【写真】老牌炸蛋蔥油餅は大行列の人気店!蔥油餅は花蓮で絶対食べて欲しいお勧めの料理!

花蓮で1番有名な食べ物は「ワンタンスープ」次に有名なものは「蔥油餅」です。

実は、花蓮は名物の食べ物が少なく、「ワンタン」と「蔥油餅」以外のグルメは手工麻と呼ばれる大福や原住民の料理・芋のスイーツ程度とこれといった物がありません。

花蓮名物!ワンタンスープ★お勧め!

プリーツスカートのように整ったワンタンで、滑らかでヌメリのないヒラヒラとした食感が特徴。

肉がたっぷり入っている豪華なワンタンで、日本のものと比較にならないほど美味しい、

透き通った癖のないスープにセロリがマッチする花蓮人おすすめのワンタンスープ(値段:70TWD)。

花蓮在住の方の話によると、液香扁食は本土から渡ってきた中国人がワンタンスープを作っているとの事で、

「花蓮でワンタンスープを食べるなら台湾人が作る戴記扁食がおすすめだとの事です。

戴記扁食

  • 営業時間:10:00~20:30
  • 定休日:水曜日
  • 電話番号:03 835 0667
  • 住所:花蓮市中華路120號
戴記扁食

手工麻|できたてホヤホヤのピーナッツ大福

花蓮名物の団子で大福のようなお菓子ですが、日本の大福と比べると餅が柔らかく弾力があり圧倒的にこっちの方が美味しい。

中身はピーナッツやタロ芋など様々な味がありますが、店員さんは「ピーナッツ味がお勧め」と教えてくれました。

花蓮駅の駅前の手工麻屋さんでは、目の前で作った出来たてホヤホヤのものを食べられるので是非立ち寄って下さい。

蔥油餅|花蓮で人気の中華風ピザ★超!お勧め・感動レベルの味

花蓮の老牌炸蛋蔥油餅はモチモチで薄焼きのピザに衣を付けてサクサクに揚げた食べ物で本気で美味!

花蓮に来たなら絶対の絶対に食べて欲しい超・超・超!お勧めの名物グルメです!

卵入りのを選ぶと油で揚げた半熟トロトロの黄身が流れ出し、

モチモチ・フワフワ・サクサクの蔥油餅の食感にトロトロが加わり更に美味になります。

平日の5時頃なのに大行列になっており、花蓮に来たら絶対に食べて欲しいお勧めの食べ物で、何個も買う人も珍しくない花蓮のB級絶品グルメ。

老牌炸蛋蔥油餅

  • 営業時間:13:00~19:00
  • 定休日:水曜日
  • 電話番号:0955 282 038
  • 住所:花蓮市復興街102號
花蓮市復興街102號

洄澜薯道(ホイライシューダオ)|花蓮名物のさつまいも菓子

花蓮名物のお菓子。黄色の部分はサツマイモで紫の部分はタロイモが使われていて、中には柔らかくて日本の餅と若干食感が違うモチが入っている。

日本のスイートポテトと和菓子の両方の良いところをミックスしたようなお菓子で、趣向を凝らした見た目で、台湾・日本統治時代の影響を感じる花蓮名物のお菓子。

洄澜薯道

  • 営業時間:8:00~22:30
  • 定休日:無休
  • 電話番号:(03) 833 8899
  • 住所:花蓮市中華路11號
  • WEBサイトはこちら
花蓮市中華路11號

先住民族の料理

東大門国際観光夜市では花蓮付近に住む先住民族の名物料理が販売されており、山菜・竹筒・ジビエなどを使った珍しい料理を楽しむ事ができます。

花蓮の東大門国際観光夜市は18:00頃~24:00頃まで開いており、先住民族料理の区画に行くとこのようなお店が沢山あります。

まとめ|花蓮に来たら「蔥油餅」「ワンタンスープ」は外せない!

いかがでしたか?

実際に食べて美味しかった日本人におすすめの花蓮の名物グルメは「蔥油餅」「ワンタンスープ」「スイーツ系」です。

特に、老牌炸蛋蔥油餅は超絶品なので花蓮に来たら絶対に食べてみて下さい!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.